知らないと損!予備校と併用すべきeラーニングのメリット6選

eラーニングのすごいメリットとは

「本当は予備校で取りたいけど、忙しいから難しい…」「予備校で授業を取っていない教科が心配…」という方にはeラーニングがおすすめです。学校や塾などに通うのではなく、スマホやパソコンなどで勉強する新しい学習スタイルのことですが、まあとにかく便利です。そこで、今回は「eラーニングって何?」という方に、eラーニングのメリットをたくさん紹介していこうと思います。きっと使ってみたくなること間違いなしですよ。

広告

6つのメリット

メリット1 月額1000円台からの圧倒的低価格

大学受験や資格試験向けのeラーニングサービスは、手元にある教材を使って「解説授業を動画で配信する」という形をとっています。先生の授業を動画で取って配信するだけで済みますから、直接校舎を持つ必要がありません。だから、人件費を大幅に削減することができ、月々1000円台~という圧倒的安さを実現できるわけです。ライブ授業スタイルの大手予備校では到底太刀打ちできません。

メリット2 いつでもどこでも気軽にできる

わざわざ学校に通う必要がなく、スマホ1つで勉強できます。だから、いつでもどこでも勉強できます。電車の待ち時間など、ちょっとしたスキマ時間も有効に使うことができますね。

メリット3 生活スタイルに合わせて進められる

予備校や普通の学校と違って、何曜日の何時から授業と決まっているわけではありません。ですから、あなたの生活スタイルに応じてあなたのペースで着実に学習を進めることができます。

つまり、「部活などで忙しいときは無理せず、時間があるときに集中して一気に勉強を進める」といったことができるわけです。疲れてヘトヘトな状態で勉強してもなかなか頭に入りませんしね。

メリット4 無駄が少ない

ライブ授業では、授業の早送りや巻き戻しはできません。「そこはもう完璧に分かってるからさっさと次行ってよ」「え、どういうこと?もう1回聞きたいなあ…」なーんて望みは叶いません。(予備校では授業中の質問がNGなところが多いです)

でも、動画講義のeラーニングならそんなワガママな望みも叶えてくれます。動画なので早送りや巻き戻し、倍速などもあなたの思うがまま。もう1度聞きたければ巻き戻せばいいだけですし、さっさと先に進みたければ早送りすればよいのですから、無駄な時間を減らすことができます。

聞きたいところを何度も聞けるという反面、本当は分かっていないのに、分かっているつもりになって早送りすることがないように注意が必要です。

メリット5 過去問が無料などの付加サービスが充実

過去問を買うとかなりいいお値段がしますが、過去問を無料で提供するサービスが付いている場合もあります。スマホという電子機器の特長を活用したサービスといえますね。もちろん、電子媒体のままでは使いづらいので印刷して利用することをおすすめします。eラーニングサービスを選ぶときは、こうした付加サービスについてもチェックしましょう。

メリット6 受験生以外でも気軽に使える

何も利用するのは受験生だけとは限りません。学校の教師や家庭教師、塾の講師のバイトをしている大学生なども活用できます。いい教え方が思いつかないときや、理解が曖昧だった分野の確認などにも大活躍です。入塾試験もありませんから、周りに知られることなくこっそりと利用できるのも嬉しいところです。



まとめ

安価でいつでもどこでも自分の好きなように学習できることがeラーニングの最大の魅力です。「本当は予備校で取りたいけど、忙しいから難しいなあ…」「予備校で授業を取っていない教科が心配…」という方は、予備校と合わせてぜひ活用してみてくださいね。

大手予備校のメリット・デメリットとは?

eラーニングのデメリットをなくす上手な活用法

広告

さあ、友人にも教えてあげよう!

カテゴリー別記事一覧
広告
トップへ戻る