3カ月でケアレスミスを90%なくす3ステップ

ケアレスミスをなくす3ステップとは

「気を付けているはずなのになかなかケアレスミスが治らない!」というそこのアナタ!私も受験生時代にこの「ケアレスミス」に散々苦しめられてきました。先生に相談してみても、「問題文をよく読め」や「集中しろ」というようなことを言われておしまい。

しかし、ある方法を実践してみた結果、なんと90%近くもケアレスミスを減らすことに成功しました。そこで、ケアレスミスにお困りのあなたにその方法を3ステップで伝授します。これを読めば、数か月後にはあなたはケアレスミスに悩まされずに済むはずですよ。

ステップ1 注意すべきところに意識して注意する

ケアレスミスを犯す3つの原因でお伝えしたとおり、私たち人間には「思い込み」や「クセ」がどうしても存在しているのでしたね。そして、この「思い込み」や「クセ」を防ぐには「しっかり意識して注意を払う」ことがやはり必要不可欠です。ただ何となく注意しているだけでは、「思い込み」や「クセ」を見抜くことは難しいです。

もちろん、すべてにしっかり注意を払えることが理想ですが、そんな超人技はまずできませんよね。すぐに疲れてしまいますから。たとえすべてに注意を払っているつもりでも、実際は全体をまんべんなく注意しているだけで、しっかり注意しているとは言えないのですよ。だから、「注意を払う必要があるところに意識を向けて注意」すればよいのです

お待ちなさい

例えば、外を歩いているときをちょっと思い出してみてください。前にある信号や車道などは注意すると思いますが、「道路が陥没しないか」ということを普段から考えて歩いている人っていますか?まあ、まずいませんよね…(;^ω^)

「道路が陥没する」なんて滅多に起きませんから、そんなことまで考えていたら間違いなくパンクしてしまいます。

ステップ2 ケアレスミスを記録してあなたのパターンを知る

では、「注意を払う必要があるところ」、つまり、あなたがケアレスミスを犯しやすいところをどうやって把握するのでしょうか。それには、自己分析が一番よい方法だと私は思います。

まず、今まであなたが犯してしまったケアレスミスをすべて集めてデータベース化しましょう。過去のテストや問題集などを片っ端から集めてきて、データを集めてくるのです。

ケアレスミスの記録を取ろう

もし、過去のテストなどがなくても気に病むことはありません。今から3カ月程度かけてデータを蓄積していけばよいからです。そうして、ある程度あなたのケアレスミスのデータが集まってきたら、そのケアレスミスをタイプごとに分類してみてください。この一連の作業を「自己分析」と私は呼んでいます。

自分の弱点を記録するのは少し辛いですが、ケアレスミスを克服して今のあなたを変えるためにはやるしかありません。こうすることで、「あ、私は余事象を求めるときに、1から引くのを忘れがちなんだな」「私は疑問文を書くときに?を忘れがちなのか」「あ、私は2+3を6にしがちなんだな」など、あなたが犯しやすいケアレスミスのパターンが自然と客観的に見えてくるはずです。

人によって「思い込み」や「クセ」は異なります。だから、あなたのケアレスミスのパターンはあなた自身で見つけないといけないのです。決して人任せにしてはいけません。

ステップ3 ケアレスミスのパターンを意識して行動する

あとは、行動あるのみ!

自己分析を通して、あなたがケアレスミスを犯しやすいところを把握することができたら、あとはそれを意識して行動あるのみです。例えば、「合っているものを〇個選びなさい」というようなフレーズを見かけたら、「誤っている場合はないか?」と意識して疑ってみるといった感じで全然オッケーです。要するに、あなたにとって危険を知らせる「信号」となってくれるわけです。

また、そのフレーズのところに鉛筆でグルグルとマークを付けて目立たせておくのも効果的です。こうして強調しておくことで、脳は自然とそのフレーズに注意を払うようになりますからね。

人間である以上、ケアレスミスを0にすることは出来ませんが、限りなく0にすることは可能です。ただ漠然と全部を注意するよりも、「私はこういうミスをしがちなんだな」というところを意識しておくだけで、ケアレスミスがぐっと減るはずですよ。

まとめ

ケアレスミスを減らすためには、どういうミスをあなたがよくやってしまうのかを自分自身で把握することが大切です。まずは、あなたが犯してしまったケアレスミスをしっかり受け止めて記録していくことから始めてみてはいかがでしょうか。

広告

さあ、友人にも教えてあげよう!

カテゴリー別記事一覧
広告
トップへ戻る